ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

【何から勉強】TOEIC初心者がまずやること【厳選した3つの英語学習】

広告

TOEICを受けたことがないけど、何から学習したら良いかわからない
英語初心者が、まずやる英語学習は何かな?

新しいことに取り組むと、何から手をつけたら良いかわからないものです。

私の夫は、独学でTOEIC学習を続けてきて、約10年かけてTOEIC900点を達成しました。

この経験から、「TOEIC・英語の初心者が何から勉強するか」について、この記事を通してお答えします、

結論としては、TOEIC初心者は、
・英文法
・TOEIC英単語
・英語の音に慣れる
という3つの学習から始めるべきです。

ちなみに、「スタディサプリENGLISH」は、いずれも効率的に学習できるツールですので、自信を持って初心者にもおすすめできます。

▼スタディサプリENGLISHのレビュー記事
スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースの口コミを検証 - ヤマコーポ

 

 

【TOEIC初心者の学習①】英文法を復習せよ

f:id:yamacorp:20190204000045p:plain

TOEICを初めて受験するなら、まずは英文法の復習から始めましょう。

文法という英文の「ルール」を知らなければ、英文を聞くことも、読むこともできないからです。

受験で英語に苦手意識を持ってしまった方は、「英文法」という響きにアレルギーがあるかもしれません。

しかし、「スタディサプリENGLISH」の関先生の神講義は、文法を「覚える」のではなく、英語の原理を「理解する」ことを重視しています。

つまり、無理に暗記しようとしなくても、動画講義を通じて自然と英文法を身につけることができます。

学生時代と比べ、記憶力はどんどん弱くなっていきます。暗記に頼らない動画講義はまさに社会人・ビジネスパーソン向きです。

 

▼スタディサプリENGLISHをレビュー
スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースの口コミを検証 - ヤマコーポ

 

【TOEIC初心者の学習②】英単語をマスターせよ

TOEIC初心者は、英単語を覚えることが目標スコア獲得の近道です。

覚える英単語数とレベル

英単語を「覚える」というのは、単語を見て一瞬で意味が思い出せる状態のことです。

一瞬で意味が思い出せるレベルに達するためには、何度も繰り返しが必要で、時間・期間が必要ですので、初期段階から英文法と並行して学習を進める必要があります。

【単語を覚えるプロセス】
知らない、見たことない
 ↓
見たことある
 ↓
時間をかければ意味を思い出せる
 ↓
一瞬で意味がわかる、例文がわかる


また、どれだけの単語を覚えるかというと、「TOEICの目標スコアレベルの単語を覚える」ことになります。

つまり、目標スコアが600点であれば、単語帳で600点までの英単語として設定されたものが覚える対象です。
 

関連記事:TOEICに必要な単語は〇語だけ!?おすすめ単語帳3選 - ヤマコーポ


※さらにひとつ上のスコア帯(730点など)の単語を覚えると、TOEICの問題を解くのはかなり楽になりますので、余力があれば勉強しましょう。ただ、範囲を広げることで600点レベルの単語の記憶が中途半端になるくらいなら、手を出さない(600点レベルの単語に注力する)方が良いです。

なぜTOEIC対策で英単語が重要か

どんなに学生時代に英語が得意だった方でも、TOEIC特有の単語には苦戦します。

TOEICには難単語もありますが、ビジネスや日常生活でも使う機会の少ない単語が、なぜかTOEICでは頻出だったりするからです。

夫自身も、スタディサプリENGLISHの860点レベル、990点レベルのTOEIC単語全てを完璧に覚えたところ、TOEICの試験問題で知らない単語が無くなったのです。(結果、TOEIC900点も達成)。

また、文法問題と思われているPart5の約4割は「語彙問題」、つまり単語の知識が問われる問題です。

また、Part6でもPart5と同じ知識(文法+単語)が問われますので、単語を知っていることが直接スコアに繋がりやすいのです。


まずはTOEIC初心者は、
・英文法の復習
・英単語の勉強
の2つを強化することで、TOEIC Part5とPart6のスコアが安定することになりますし、他のPartの土台も築くことができます。

 

【TOEIC初心者の学習③】英語の音に慣れよ

TOEIC初心者がするべき学習の3つ目は、「英語の音に慣れる」です。

TOEICの問題形式に慣れることも大切ですが、純粋な「リスニング力」を身につけるのが一番の近道です。

そのためには、英語特有の「音の繋がり」や「音の消失」に慣れなくてはいけません。

「リスニングには多聴(英語音声を多く聞くこと)」が効果的と言われますが、聞き取れない音声を聞き流しても意味がありません。

「集中して英語を聞く」ことでリスニング力を鍛えることができ、その集中するためのトレーニングが「ディクテーション」と呼ばれる勉強法です。

 

ディクテーションとは、聞いた音声を「書き取り」することです。

耳で聞いた音声を書き取りするもので、何となく聞いているだけでは決してディクテーションはできるようになりません。


<TOEIC問題でのトレーニング手順>

問題を解く
 ↓
ディクテーションする
 ↓
聞き取れるようになるまで繰り返す
 ↓
回答の答え合わせする&聞き取れていたか英文をチェックする
 ↓
英文を見ながら聞く
 ↓
聞き取れる音声を聞き流す(ここで初めて聞き流してもOK)


TOEICの問題を多く解いて、復習せずに勉強を終わらせては全く意味がありません。


ディクテーションは、通常のトレーニングよりも時間がかかるため、解ける問題の数は減ってしまいます。

しかし、純粋なリスニング力を身につけるにはめちゃくちゃ効果的です。

ただ、普通にTOEICの問題集を買ってきて、スマホや音楽再生プレイヤーを使って、紙とペンで書き取り(ディクテーション)するのは大変です。

そこで役に立つのが、「スタディサプリENGLISH」です。スマホ1台で簡単にディクテーションができるので、初心者でも始めやすいように設計されています。

▼詳しくは以下の記事で紹介しています。
スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースの口コミを検証 - ヤマコーポ

yamacorp.hatenablog.com



まとめ:TOEIC初心者の厳選した英語学習

この記事では、TOEIC初心者が、何から勉強するかを紹介しました。

改めて3つ確認しておきます。

・英文法で英語のルールを身につける(大人は暗記ではなく「理解」で)

・目標TOEICスコアレベルの英単語を覚える&Part5,6で安定して得点する

・ディクテーションで英語を集中して聞き、音の変化に慣れる


もちろん、TOEICでスコアを取るのに、他にも大切な勉強はあります。しかし、範囲を広げすぎると、どれも中途半端になってしまいます。

まずは、この3つに集中して取り組んでください。

この記事で何度も紹介している教材については、以下の記事で紹介しています。



スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースの口コミを検証 - ヤマコーポ

yamacorp.hatenablog.com