ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

「TOEICは意味ない」と言われる3つの理由【誤解を900点取得者が解説】

広告

TOEICでハイスコアを取っても意味がない?だったら受験しなくて良いの?

こうしたTOEIC不要論を耳にすることはあります。しかし、その理由をきちんと理解しておかないと「誤解」したままになってしまいます。

実際にTOEIC900点達成した夫は、これまでに何度も受験してきて「TOEICは意味ない」と思ったことはないそうです。

むしろ、英語を勉強し始めるなら「TOEICで900点を目指すべき」と進めるほど。

この記事では、TOEICが意味ないと思われる3つの理由を紹介しつつ、それらの誤解を解説します。

勉強法の記事はこちら → TOEIC900点達成するためにした5つの戦略と3つの勉強法【独学】 - ヤマコーポ

 


ペラペラ英語を話せるようにはならないから

f:id:yamacorp:20190202010122p:plain

TOEICは聞く(リスニング)と読む(リーディング)のテストです。

話す、書く力は測りません。そのため、どれだけTOEICでハイスコアを取っても、ペラペラ英語を話せるようはなりません。

にも関わらず、「TOEICでハイスコアを取ると英語がペラペラ話せる」というイメージを持たれています。

TOEICでハイスコアを取っている英語が話せない人に対して(勝手に)ガッカリして、「TOEICは意味ないね」と思うようになるのです。

ただ、860点くらい取っていれば、知っている単語をつないで英文をつくり、ある程度の会話はできます。英会話海外旅行や日常会話程度であれば、困ることはないでしょう。

詳しくは以下の記事で書きました。

TOEIC860点のレベル・実力は?スコアは転職に役立つか - ヤマコーポ

 

・TOEICハイスコアに対しての英会話力のイメージ=ペラペラ話せる

・TOEICハイスコアの実際の英会話力=上手ではない英語でコミュニケーションできる

この2つの間にあるギャップこそが「TOEICは意味ない」という誤解の正体なのです。



この誤解を解くためには、TOEICの勉強だけでなく「瞬間英作文」のトレーニングを取り入れましょう。


関連記事:英語を独学で話せるようになりたいあなたには瞬間英作文がオススメ! - ヤマコーポ

 

本当の英語力を測れないと思われているから

TOEICの出題範囲は主にビジネス英語で、使われている表現や単語は非常に限られたものです。

その限られた範囲を繰り返し復習し、パターンを身につけることでTOEICでハイスコアを取得しやすいというのも事実です。

そのため、実際の英語力以上にハイスコアが取れることがありました。

しかし、近年のTOEICの出題傾向として、以前のようにテクニックだけでは解けません。
きちんと音声を聞き取りする力と、英文を読み取る力がなくてはハイスコアは取れません。


・以前は、テクニックで結構解けた(英語力以上に高いスコアが取れた)
・今のTOEICは、英語力がないとスコアは取れない
というのが正確なところです。


そもそも、毎回出題範囲やパターンがバラバラでは、テストとスコアの信頼性が失われてしまいます。

出題範囲が限られていて、出題傾向が明らかになっているからこそ、初心者が英語に取り組むときには対策がしやすい。だからこそTOEICは英語のやり直しにオススメなのです。

関連記事:社会人のやり直し英語勉強法(TOEICの活用&スキマ時間活用) - ヤマコーポ

 

TOEICスコアが低くても海外でバリバリ仕事できる(?)から

「TOEICは500点だがワシは海外でバリバリ働いてた!」

こういった、TOEICスコアが低くても海外でのビジネスは出来ると発言する人はいます。これが「TOEICは意味ない」という誤解を生みます。

TOEICを勉強しなくても良いという自分に都合の良い主張「TOEIC不要論」を信じてはいけません。


実際、本当に海外でのビジネスを英語で出来ていたかどうかは怪しいものです。

海外でバリバリ仕事が出来ているくらいの英語力であれば、TOEICは軽くハイスコアを取れるはずです。

TOEICでハイスコアを取れないような低い英語力で、一人で仕事をバリバリまわせるほど海外でのビジネス甘いものではありません。


ですので、どういった海外の環境でビジネスをしたのか、確認しなくてはいけません。

・日本語も堪能な現地スタッフが仕事してた(その人は海外にいるだけ)
・海外でも日本語環境でビジネスしていた(英語使ってない)
・バリバリのネゴ(交渉事)とかない、簡単な仕事だった(英語は日常会話程度)

こういった人の話を聞いて、「TOEICスコアがなくても海外で仕事ができる」と考えると痛い目に遭います。


ビジネスでも、相手の話を聞ける(リスニング)、メールや文書を読める(リーディング)は基本です。こうした能力を養うのに、TOEICは有効です。


まとめ:TOEIC意味ないは誤解です

・TOEICはスピーキング力を測る試験ではないので、ペラペラ話せるようにならない

・TOEICでも英語力は測れる(以前のようにテクニックだけでは解けない)

・スコアが低い=英語力が低いので、海外でのビジネスはできない



試験を受けたくないからと、「TOEICは意味ない」という自分に都合の良い理由を探していませんか?

TOEICハイスコアが取りたいなら、以下の記事で紹介しているアプリがおすすめです。

人気記事:スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースの口コミを検証 - ヤマコーポ

yamacorp.hatenablog.com