ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

積立NISAの始め方をわかりやすくまとめ【初めての資産運用】

広告

我が家では、2018年に開始された積立NISAを利用して、初めて資産運用(投資)を始めました。

 

積立NISAの口座を開設し、商品を選び、買い付けの設定を行ってきましたが、初めてで手探りの部分も多くありました。

 

この記事では、初めての資産運用を始める方のために、積立NISAを開始方法、証券口座の開設から、商品の買い付け方法などを紹介します。

 

 

積立NISAの開始が早いほど良い理由

2018年1月に制度が開始された積立NISAですが、まだ始めていない方も多くいるでしょう。

 

しかし、資産運用に少しでも興味があるのであれば、手始めに積立NISAに取り組むのは早い方が良いです。

 

理由として、

・積立NISAの制度が終了する20年間の非課税枠を最大限利用できるのは2018年から始めた人だけだから
・(損をしないタイミングで開始したいと考えているなら)買い時は見極める必要がない&見極められないから
・長期保有でリスクを下げることができるから

の3つが挙げられます。

 

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

yamacorp.hatenablog.com

 

加えて、積立NISA口座の開設には時間がかかります(1ヶ月くらい)ので、すぐに資産運用を始めない場合でも、とりあえず口座は開設しておく方が、いざという時にすぐに始めることができます。

 

証券会社の選び方(楽天証券での口座開設)

我が家では、積立NISA口座を楽天証券で開設しました。

 

理由として、

・楽天ポイントで投資ができる(積立NISAでのポイント利用は、2018年夏頃の予定とされています)
・管理画面が使いやすい(楽天市場のようにごちゃごちゃしてない)
・楽天銀行との連携がお得(楽天銀行の金利が優遇)

を挙げています。

 

yamacorp.hatenablog.com

 

商品の選び方(我が家はインデックスファンドを選択)

f:id:yamacorp:20180817233726p:plain

我が家では、

・楽天・全米株式インデックス・ファンド
・eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

という二つの商品を選び、毎日それぞれ200円ずつ投資をしています。

 

当初は、ひふみプラスという人気商品の積み立てをしていましたが、水瀬ケンイチさんの「お金は寝かせて増やしなさい」を読んで、インデックスファンドのeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)に乗り換えました。

 

ひふみプラスから乗り換えた理由としては、

・ひふみプラスはアクティブファンドで比較的コストが高いから
・日本在住なので、資産は日本以外に重きを置くことにしたくなったから
という2つを挙げました。

 

yamacorp.hatenablog.com

 

商品の購入方法(毎日100円ずつ購入する方法)

我が家は資産運用の初心者でしたので、とても少額から投資を始めました。

 

具体的には、毎日100円×2商品ですので、月当たり4,000円程度と、年間の積立NISAの非課税枠40万円を使いきれないペースです。(「毎日」と言っても365日ではなく、営業日ベースでの買い付けです)

 

初めて積立の設定をする場合の手順は、

・楽天銀行に現金を入金する
・楽天銀行から楽天証券に入金
・ファンドを選ぶ
・積立タイミングの設定
・金額・分配金コースの設定
・目論見書と約款の確認して買い付け完了

という段階を踏んで行うことになります。

 

もう少し具体的な内容を知りたい場合はこちらの記事をどうぞ。

yamacorp.hatenablog.com

 

 

設定金額の考え方(いくらから投資するか)

積立NISAは、毎月100円から買い付けの設定ができますが、年間の非課税枠を12ヶ月で使うためには、毎月33,333円の設定が必要です。

 

では、いくらから積み立てをすべきかと言うと、必ずしも年間の非課税枠40万円を使いきる必要はなく、自分で目標金額を設定して、逆算して毎月や毎日の積み立て額を決めれば良いです。

 

同時に、積立NISAも投資ですので、元本割れなどのリスクはありますので、余剰資金を使って行うことが大切です。

 

余剰資金とは、生活防衛資金をきちんと蓄えた上でも自由に使えるお金です。

生活防衛資金とは、急に職を失った場合や働けなくなった場合に、半年~数年間働かなくても生活できるような、まとまったお金のことです。

 

生活防衛資金を確保した上で、収入から毎月の生活費を除いても余裕があるお金を余剰資金と考え、この余剰資金の範囲内で投資を行うようにしましょう。

 

yamacorp.hatenablog.com

iDeCo、従来のNISAとの比較(積立NISAを選んだ理由)

手持ちの余剰資金、つまり毎月投資に回すことのできる金額、資産運用の目的や目標額を改めて考えてみたとき、必ずしも積立NISAが適切ではありません。

 

例えば、自分で選んだ企業の株を買いたい場合や、株の売買を繰り返して資産を増やしたいのであれば、従来型のNISAの方が良いです。

 

老後の資金を貯めるのであれば、毎年の節税効果の高いiDeCoを選ぶ、または積立NISAとiDeCoを併用するという選択肢もあります。

 

特に、積立NISAと従来型のNISAの併用はできない(どちらか一つを選ぶ)ので、自分の資産の状況や資産運用の目的を考えた上で選択しましょう。

 

yamacorp.hatenablog.com

 

積立NISAの終わらせ方(商品の売り時)

積立NISAは長期保有を前提とした制度ですので、どのように商品を売るかについて今から考えるのは時期尚早と思われるかもしれません。

 

しかし、長期の資産運用で難しいのは、始め方以上に終わらせ方とも言われていて、今から出口戦略を考えておいた方が得策です。

 

考え方としては、

・15年後から売るタイミングを考え始める(20年後が経済不況だと損をするリスクがある)
・目標金額を達成したら、20年待たずに売る
・お金が必要になったら損が出ていても売る(但し、そうならないように余剰資金で行う)

ということになります。 

 

yamacorp.hatenablog.com

 

まとめ

この記事では、初めての資産運用として積立NISAを始める方向けに、必要な手順を紹介してみました。

 

2018年1月に始まったこの制度を利用して、我が家のように始めは少額でも良いので、資産運用を始めてみてはいかがでしょうか。

 

リーマンショックのような経済不況が訪れた際、投資した分が目減りすることに自分が耐えられるか確認するチャンスにもなると思います。

 

少額でもどうしても耐えられず、売りたくなってしまうのであれば、資産運用にはあまり向いていないかもしれません。

 

耐えることが出来たら、経済不況の時こそ底値で買うチャンスですので、長期でのリターンに期待してコツコツ積み立てを継続していきましょう。

 

言うまでもありませんが、積立NISAも投資ですので、元本割れなどのリスクはあります。必ず、自己責任で行うようにしましょう。