ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

【初めての幼稚園の探し方・選び方】入園考査合格までの流れと手続き

広告

我が家は子供を保育園に通わせていないこともあり、子供が3歳になった今年は幼稚園探しが一つのミッションでした。

つい先日、無事に幼稚園の入園考査(試験)に合格しましたので、これまでやってきたことをまとめておきます。

インターネットで「幼稚園 選び方」というキーワードで調べても、保育園に関する情報が出てきたりと、保育園と比べて幼稚園の探し方の情報が多くありませんでした。(あっても事例が少なく、いろいろなパターンがみられない)

もちろん、各家庭や地域によって条件は異なると思いますので、あくまで参考程度ですが、第一子で幼稚園探しに不安のある方に少しでも役に立てばと思い、この記事を書いてみます。

 

 

幼稚園探しの条件

・私立幼稚園(近隣に公立はない)
・土地勘がない=幼稚園の情報がない
・お受験は予定なし=ご近所幼稚園でOK
・3年保育を希望、プレの経験・予定なし

※プレというのは、入園前の子供を対象にして幼稚園の体験ができるもので、頻度や内容は幼稚園によってまちまちです。幼稚園によっては、プレ経験者が優先して入園できることがあります。

 

今回、我が家が幼稚園探しで苦労したのは、何よりも土地勘がなく、幼稚園の情報がなかったことです。一番の不安は、来年の4月にどの幼稚園にも入れないことでした。

そして、夫婦ともに地方育ちで、近所の幼稚園に入ることが自動的に決まっていたので、幼稚園を「選ぶ」という感覚がわかりませんでした。

我が家ではお受験は希望していないので、手続きをすれば必ず入園できると思っていたら、「考査」なるものが存在するとわかり、その対策もしなくてはいけないと焦り始めました。

幼稚園は義務ではないものの、子供の成長のためには入れてあげたい、また、第二子がいてどうしても平日は思うように遊んであげられない(幼稚園にいけば、友達と目一杯遊べる)と考え、幼稚園には入れるように奔走しました。

 

幼稚園探しのスケジュール

f:id:yamacorp:20181106212852p:plain

【子供が3歳になる年】
4~7月 幼稚園のリストアップ
8~10月 園庭解放、見学会、説明会に参加
11月 願書提出、入園考査、入園手続き

 

各地域や自治体によって、スケジュールは変わると思いますが、おおよそこんなスケジュールで動きました。

もし、幼稚園を選ぶに当たって、プレ(入園前の体験のようなもの)も経験させたいなら、どの幼稚園のプレを経験するか選ぶためにも、あと半年くらいは前倒して動く必要がありそうです。

 

幼稚園のリストアップ

まず、近所の幼稚園のリストアップを始めましょう。

 

方法としては、
・ネットで検索する(地域名+幼稚園 など)
・近所の児童館等の地域の施設で聞いてみる(口コミ)

ということが考えられますね。

リストアップが出来たら、ノート等に情報をまとめていきましょう。

 

まずは、
・幼稚園名
・家からの距離(徒歩○分、バス○分)
・その他情報
といった、簡単な情報だけを書いていきます。

地域にもよりますが、20~30くらいはリストアップできれば十分です。

我が家の場合は、できるだけ自宅から近い方が良かったため、Google mapで徒歩でかかる時間を調べ、近い順にどんどん絞り込んでいきました。

ただ、実際に子供と歩くと、1.5倍くらいは時間がかかりますので、Google mapの所要時間は、あくまで絞り込むために使いました。 大人で15分の幼稚園までは歩けても、子供と一緒では無理かもしれませんよね。

ただし、バス通園ができ、近所に乗り場がある場合は、遠めの幼稚園でも、候補に入れておきました。

加えて、幼稚園の名前をネットで検索して、園の概要等をざっと眺めて、補則情報も書いておきます。

例えば、入園料が高い、宗教(キリスト教系、仏教系など)、バスあり、給食あり、などなど。

正直、幼稚園の公式サイトは情報が十分ではないところも多いので、口コミサイト等でも探しましたが、ネットだけで判断せず、実際に園に足を運んで見学したり、生の声を聞くことをおすすめします。

逆に、公式サイトは充実していても、行ってみたら個人経営丸出しの感じのところもありました。

ある程度(5~6園くらいまで)絞り込めたら、実際に見学に行くスケジュールを決めていきましょう。

 

園庭解放、見学会、説明会に参加

f:id:yamacorp:20181106213054p:plain

早いところでは、年度の始めから園庭解放のスケジュールをWebサイトなどで公開しています。

9月、10月に見学会や説明会が集中すると、かなりバタバタしますので、早い時期に1~2園でも出向いて、様子を見てきた方が良いです。

我が家の場合、園庭解放と見学会に参加する目的は、優先順位を決めることでした。
というのも、説明会や願書提出、入園考査のスケジュールが重なってしまった場合に、どの幼稚園を優先するか決めなくてはならないからです。

園庭解放と見学会では、先生や園児の様子、園の設備について確認しつつ、倍率などについても聞いておきました。

説明会では、子供を連れていけなかったりするので、実際に子供を連れていって、楽しそうか様子をみたい場合は、園庭解放等の少ないチャンスを逃さないようにしましょう。

園によっては、
・倍率が2~3倍
・入園考査ではなく抽選で決めたりする(運頼み)
・募集人数が少ない(ほぼ在園児の弟妹の入園で枠が埋まってしまう、プレ参加の園児で決まってしまう)
ところもあり、そういった幼稚園は候補から外し、説明会にも行きませんでした。

なお、こういった情報はそれぞれの幼稚園のWebサイトだけではなく、念のため各自治体のWebサイト等でもチェックするようにしましょう。

実際、幼稚園の公式サイトは更新されていない内容が、先に自治体のWebサイトに公開されていることがありました。

園の教育方針や選考のスケジュールなどについては、説明会が最も情報が多いので、志望度が高い幼稚園にはできるだけ参加しておいた方が良いでしょう。

また、説明会に参加している親の様子等も見ることができます(服装がだらしない、上下スーツで決めている、夫婦参加が多いなど)。

園庭解放、見学会、説明会では、5つの幼稚園に参加しましたが、最終的に願書を受け取ったのは3つの園だけになりました。

この3園に関しては、説明会、見学会、願書の受け取りなどで、夫婦二人とも必ず園に出向いて、二人の目で様子を確認するようにしました。

結果として、選んだ幼稚園は、前年は定員割れしていることがわかり、少し安心して絞り込みできました。

なお、ネットや見学会、説明会を通じて得た情報は、夫婦間で共有できるように、LINEのノート機能を使って箇条書きでまとめていました。

きれいにまとめたい場合は、Googleのスプレッドシート等を使って表にしても良いでしょうね。

あと、旦那さんが平日はどうしても仕事を休めないという場合は、奥さんが中心になって幼稚園の候補を絞り込むことになると思います。

どうしても園の様子を見せたいという場合は、園の運動会に参加するという方法もあります。

園によっては、入園前の子供を対象にした競技を運動会で開催していて、土日開催が多いので、平日は忙しい旦那さんでも見に行ける可能性が高いでしょう。

 

願書提出、入園考査、入園手続き

願書の提出に当たっては、医師の健康診断書の提出が必要な幼稚園もありますので、余裕を持って受診しておきました。

病院がどの時間帯で受け付けてくれるか、料金はいくらか等を事前に電話で確認すると良いでしょう。

また、願書には子供の写真を添付しました。スナップ写真でOKでしたので、スマホで自宅で撮影して、コンビニでプリントしました。(「コンビニ 証明写真」などで検索)

願書の提出日は、横並びになっていることが多く、同日(ほぼ同時間帯)に3園提出することになりました。このため、夫婦で手分けして3園に提出しました。

なお、願書提出日に受けた園が第一志望で、無事に合格となりましたので、入園考査については、一つの幼稚園だけの情報になります。

 

入園考査は、
・子供だけの遊びの様子
・親子の面接
から構成されていて、前者については子供が詳細を教えてくれず(なぜか秘密らしいです)、よくわかりません。

親子の面接では、子供に対して
・名前
・年齢
を聞かれました。

 

親に対しては、
・園の活動で親にも協力をお願いするものがあるが、参加できるか
を聞かれました。思ったよりアッサリという感じでした。

 

ちなみに、聞かれませんでしたが、子供向けに関しては、
・好きな食べ物、嫌いな食べ物
・幼稚園までどうやって来たか
・どんな遊びが好きか
を答えられるように事前に練習しておきました。

 

園によっては、食べ物や動物の絵を見せられて、名前を答えるというテストもあるようでしたが、普段の遊びやこどもちゃれんじを通じてできるようになっていたので、特に面接のための対策はしませんでした。

 

▼こどもちゃれんじについてはこちら(3歳になる今年の4月から、「ぷち」から「ぽけっと」にステップアップしています)

yamacorp.hatenablog.com

 

親向けの質問については、
・子供の長所と短所
・教育方針
・志望理由
・園に望むこと
について答えられるように、夫婦で話し合いをしておきました。

 

考査時の服装に関しては、子供は普段着でと事前に説明があったこともあり、普段着の中でもきれい目の服を選びました。

周囲の子供も普段着が多く、カッチリとした服装の子はいませんでした。

親の服装については、これから入園式などで着る機会も増えるだろうと、新調しました。 百貨店やスーツ店等で、幼稚園の考査や入園式で使いたい旨を店員さんに伝えて選びました。

パパであればスーツ上下、ネクタイあり、革靴という方が多かったです。デニムの人もいましたしたが、合格したかはわかりません。

なお、園では靴を脱ぐことが多いので、気にするべきは中での上履きです。

服装に違和感のないよう、夫婦セットでこんな上履きを用意しました。



子供用は、THE上履きという感じのものを実際にお店で履かせた上で買いました。

同じサイズ表記でも、メーカーによって微妙に違いますし、1センチ刻み、0.5センチ刻みだったりしますので、実際に履かせた方が良さそうです。

すぐに履けなくなるのは悔しいですが、快適さと安全性を重視して、ピッタリのものを選びました。

合格発表後、入園手続きになりますが、まとまったお金(入園料、施設費など)を現金で準備しておきました。

入園手続きでは、入園料等の支払いの他、書類の受け取りをしたので、期日までに書類を提出しなくてはなりません。。。

 

まとめ

とりあえず、無事に入園先が決まって安心しています。

これから、必要な書類を提出したり、入園までに参加する行事のスケジュール(制服採寸など)を確保したりしていきます。(第二子がいるので、夫に休んでもらうなど)

繰り返しになりますが、幼稚園の入園までのスケジュールや手続き、面接の内容は、地域や幼稚園によってかなり違うと思います。

そのため、この記事を参考にしつつ、ご自身の地域できちんと情報収集した上で、適切に対応していただければと思います。

初めての子供が幼稚園に入園するまでの流れについて、我が家の事例が少しでも参考になれば嬉しいです。