ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

社会人のやり直し英語勉強法(TOEICの活用&スキマ時間活用)

広告

社会人が英語のやり直しをする際、何から手を付けて良いか迷う方も多いでしょう。

私の夫もどうして良いかわからずに悩んでいた時に、社会人のやり直し英語勉強法にTOEICが役立つと感じたようです。

 

急に英語力が求められるようになった社会人のみなさんも多いのではないでしょうか。

 

「自分が入社した時には英語力なんて関係なかったのに」

「英語を使わないで済む会社を選んで入社したはずなのに」

という管理職層の方もいるかもしれません。

 

どんな理由にせよ、改めて英語を勉強せざるを得ない環境になり途方に暮れている方、手初めにTOEICを受けてみてはいかがでしょうか。

 

TOEICは自分の現在地を知る「指標」

何年も英語の勉強から離れている方も多いでしょう。

現在の英語力を確認するためには、TOEICはとても有効なテストです

初受験でTOEIC650点程度を獲得できればまずますです。

730を超えてくれば上々で、本気で勉強すれば860点までアップできる可能性「大」です。


学生時代に必死に英語を勉強していた方でも、社会人になって全く英語に触れていないと、自分の英語力がどの程度かわからなくなるものですが。

 

それでも、TOEICのスコアを見れば、その人の英語力は大体わかります

学生時代から英語学習にブランクがあるほど、自分の英語力がわからないハズですので、まずはTOEICで自分の実力を確認しましょう。

 

とりあえず申し込んでみる

テストを受けるにも、事前の対策をする時間がとれるかどうか悩むでしょう。

また、1カ月以上先の受験日の予定がわからないからと、申し込みを先送りにしてしまいがちです。

そんなことを悩んでいると、いつになっても受験できませんので、とりあえず深く考えずに最短で受験できるTOEICをWEBで申し込んでしまいましょう。

幸いにも、TOEICは年に10回受験日がありますので、ほぼ毎月のように受験のチャンスがあります。


そして、自分のスケジュール帳に申し込んだ受験日を書き込みましょう。

 

www.iibc-global.org

TOEICの事前対策について

今回のTOEICの受験理由は、ハイスコアを目指すことではなく、己を知ることです。


自分がどの程度の英語力を持っているか知ることが重要ですので、初回は事前の対策をすることなくTOEICを受験して問題ありません。

どうしても対策をしないと不安という場合、そしてある程度まとまった時間を確保することができるのであれば、選択肢は「公式問題集」の一択です。



受験結果をどう受け止めるか

初回の受験と次回の受験でのスコアが伸びた分だけモチベーションにつながりやすいです。


そのため、初回がたとえ低いスコアであったとしても、次の受験の時にスコアがあがりやすい=頑張ればスコアが伸びるというモチベーションにつながりやすいです。

だから、例え初回の受験で悪いスコアを取ったとしても気にする必要はないのです。

 

次回の受験をいつにするか

次の受験までにどれくらい勉強できるかにもよりますが、次回受験の申し込みは大体3カ月から半年後が良いです。


スコアを100点アップするためには大体300時間程度は必要とされています。

 

1日に3時間勉強しても1か月で90時間ですので、300時間の確保には3~4ヶ月は必要です。

 

ただ、学生時代に英語が得意科目だった方であれば、少し勘を取り戻すだけで一気にスコアアップも目指すこともできます。

300時間で100点アップはあくまで目安です。

 

逆に、学生時代につまずいてしまった方は、中学英語からやり直した方が長期的には効果的です。

また、TOEICの100点アップには時間がかかる可能性はありますので覚悟しましょう。

 

1日の勉強時間の目安

1日どれくらい勉強するか。毎日2~3時間は確保したほうが成長率は高いです。

 

1時間/日×300日間で合計300時間英語を勉強した場合よりも、
3時間/日×100日間で合計300時間英語を勉強した場合のほうが、英語力の伸びは圧倒的に高いのです。

新しい単語を覚えても、数日経つと忘れてしまうものです。
ただ、適切なタイミングで復習すれば、グンと記憶の定着が良くなるのです。

 

1日1時間の勉強では、復習のサイクルも間延びしてしまいます。

同じ個所ばかり復習していては、新しい知識を得ることもできません。

両立させるためにも、2~3時間/日の勉強時間の確保が必要なのです。

 

忙しい社会人のみなさんは、1日3時間も毎日机に向かって英語の勉強時間を確保するのは至難の技かもしれません。

 

そうすると、「スキマ時間を活用」できるかが社会人の英語勉強法のカギになります。

 

社会人はスキマ時間の活用がキモ

f:id:yamacorp:20160316230552j:plain

英語の勉強時間を確保するために、スキマ時間を活用するのは必須です。


通勤で片道30分電車に乗っている時間があるなら、その間にリスニングの勉強ができますので、往復の通勤で1時間の確保ができます。


お昼休みが1時間あるのであれば、30分でランチを済ますことができれば、30分は問題集を解く時間を確保できますよね。

1日の勉強時間を3時間確保したいとすると、自宅で残りの1時間半を確保できれば、目標達成です!


実際、夫は自宅で英語を勉強する時間の確保ができていませんが、スキマ時間をかき集めて毎日勉強時間を確保しているようです。

 

英語学習を継続するコツについては、こちらの記事で紹介いたしましたので、参考にしてみてください。

yamacorp.hatenablog.com

 

オススメの英語教材(アプリ)「スタディサプリEnglish」を活用

私の夫は、スタディサプリEnglishのTOEIC対策コースを活用して、長年の目標であったTOEIC 900点を達成することができました。


yamacorp.hatenablog.com

 

もし、学生時代に英語に苦手意識を持っていたり、文法に苦手意識をもっているようであれば、スタディサプリEnglishの日常会話コースで基本から復習しましょう。

 

スマホ1台あればどこでも勉強できますので、スキマ時間を活用するには最適な教材です。

スタディサプリEnglishの日常会話コースはこちらから>>英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

 

おわりに

今回は、社会人のやり直し英語でTOEICを活用する方法についてご紹介してみました。
これから英語をやり直しで勉強したい場合は、参考にしてみてください!

 

TOEICで860点を獲得した勉強法はこちら>>T0OEIC860点取得する戦略と独学勉強法のまとめ - ヤマコーポ

yamacorp.hatenablog.com