ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

広告

英語を独学で話せるようになりたいあなたには瞬間英作文がオススメ!

広告

日本人は英語ができない!と言われる理由の一つは、発信力がないことが挙げられます。

 

受験対策でも、リスニング・リーディングの勉強は山ほどしてくるのですが、スピーキング(英会話)対策は疎かになりがちです。

 

さらに、TOEIC信者の多い日本では、リスニング・リーディング力をさらに伸ばすことになり、「中学校から英語を勉強してきたのに英語が全く話せない!」という人が多くなってしまうのです。

 

スピーキング力アップには、自分から発信する練習が必ず必要になります。
英会話スクールに通うことを考える方もいるかと思いますが、その前に!
「瞬間英作文」というトレーニングで、「使える」英語を身につけてからでも遅くはないですよ!


今回は、英会話力、スピーキング力アップに効果抜群でコスパの良い「瞬間英作文」をご紹介します!

瞬間英作文とは

瞬間英作文とは、「英語上達完全マップ」で森沢氏が提唱された、英語の短文を口頭で作っていくトレーニング方法で、プロの通訳の養成にも取り入れられているものです。

 

中学レベルの簡単な文章を、日本語から英文に次々に変換していくもので、「わかっているけど使えない英語」を「使える英語」に変えるのにとても有効なのです。


ただ、時間も労力もかかるトレーニングで、世間であるような「聞くだけで」とか「たった○日で」とかいうラクチン♪な勉強法とは違いますので、安易に英語力をつけたいという方にはあまり向かないかもしれません。


そして、これまで英語をきちんと勉強してきて、TOEICも800点程度取得している方は、このトレーニングを行うことで、劇的にスピーキング力が伸びる可能性があります。

トレーニング方法

f:id:yamacorp:20160403110940j:plain

では、トレーニング方法をみていきましょう!

ここに、比較的簡単な日本語文があります。

(日本語文)私は、とても一生懸命働く同僚を尊敬します。

この日本語文を見て、英文を「口頭で」つくるのですが、すぐに頭に浮かぶでしょうか?


(思考プロセス) ええと、主語は「私は」だから”I”だな。それで、次を見ると、「とても一生懸命働く」だから、”work very hard”か。

 

良く見ると一生懸命働くのは、「私」ではなくて、「同僚」ってことは、my colleagueだな。


そして、私はその同僚を尊敬”respect”しているのか。
ん?動詞がふたつ”work”と”respect”があって二つの文章ができる…そんな時は関係代名詞が必要だったな!よし、できた!


(英文)I respect my colleague who works very hard.

 

となるわけです!受験英語を勉強してきて、TOEICでも860点程度取得している方であれば、「時間をかければ」上記のように英文をつくることができると思います。

 

ただ、実際の会話では一つの英文をつくるのにこれだけ時間がかかっていては、次の話題に移ってしまいます。
そのため、瞬間英作文で「即座に」英文を作るトレーニングをすることが有効なのです。


上記の英文は、関係代名詞”who”をつかっていて、一番初めに取り組むにはややハードルが高いです。


「こんな難しいトレーニングは無理」って思う方もいるかもしれませんが、はじめは、もっとシンプルな英文から練習していくことになりますので、安心してください。

おすすめの教材

では、トレーニングにお勧めの教材を見ていきましょう!

本の紹介でも書かれていますが、とくにかく「話す」英語を身につけるための基礎的な英文法をトレーニングするための本です。


そして、ネイティブが使うフレーズばかりですので、不自然な英文もありません。
(一部の本では、ネイティブが使わないような変な例文が含まれていたりします)

各項目で14文ずつ、全55項目(+α)ありますので、800もの例文でトレーニングすることができます。


項目が「現在形」「過去形」「whatで始まる疑問文」と分かれていますので、一番初めに取り組む教材としては適切でしょう。

ちなみにCDは付属されておらず、出版社のホームページからダウンロードすることができます。

 

 

 

すでに基礎的な英文でのトレーニングが完了している方や、とにかく職場で使う英語を身につけたい!という方にお勧めです


Jリサーチ出版より出ている会話できる英文法大特訓のような「大特訓シリーズ」の利点は、付属されているCDです。


CDでは、初めに「日本語」が読み上げられて、少しポーズ(間)の後に、英文が読み上げられます。


そのため、「本を開いて勉強することができない」ような場面、たとえば通勤で歩きながらでも練習ができるため、細切れの時間に英語の学習時間を確保することができます。


実際、夫もイヤホンで聞きながら通勤しているようです!
(電車内でぶつぶつ練習していると、周りの迷惑になるとか気にしていて、歩行中のみとのことですが)

 

最後は、「急きょ海外旅行に行くことになった!」という人や「会社の役員と一緒に海外出張に行くことになったのだけど!」という人にお勧めの教材です。


場面ごとに「絵」が書かれていて、英語で何と言うかフレーズが書かれている本です。
解説も丁寧ですし、タイトル通り「絵」が書かれているため、それぞれの場面で便利なフレーズが後から思いだしやすいようです。


この本も「基礎編」があるようですので、一番初めのトレーニング教材として選択するのもアリでしょう。


おすすめの教材3つを紹介させていただきました!

このブログを読んでいる方の中には、TOEICでハイスコアを目指している方も多いでしょう。そして、「TOEIC系の教材で瞬間英作文をしてみたい」という方もいるかと思いますが、「最初は」あまりお勧めできないようです。


いきなりレベルの高い教材だと、挫折の元になりますので、十分なトレーニングを積んでから取り組みましょう。


ちなみに、実際夫がTOEIC教材で瞬間英作文をしようとして挫折した本はこちらです(笑)。

 

十分な力をつけてから、改めて取り組むつもりで、本棚に大切に置かれています(笑)

まとめ

自分でスピーキングのトレーニングができる「瞬間英作文」を少しでも知っていただけましたでしょうか。


ただ、瞬間英作文は英会話のゴールではなくて、スタートラインにたった状態というレベルです。


瞬間英作文は、与えられた日本語を英語に変換する作業に過ぎませんので、実際に英会話レッスンや仕事などでつかうことで、より実践的な英会話力を身につけることができますよ!

 

こちらもどうぞ

【オンライン英会話】ビジネス英語にオススメのビズメイツ