ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

Huluのオススメ海外ドラマ!シリコンバレーのレビュー感想

広告

最高に面白いと評判の海外ドラマ「シリコンバレー」をご存知でしょうか。

アメリカのカリフォルニア州にあるIT企業が集うエリアを舞台にした、「起業」をテーマにした海外ドラマです。

 

しばらく英語の勉強から離れていた夫ですが、少しずつ英語を使う機会がまわってくるようになり勉強を再開しました。

リスニング対策で海外ドラマを見ようとHuluで探していたところ「シリコンバレー」を見つけたようです。

 

今回、シーズン1の視聴が終わったようで、その感想をお伝えしたいと思います。

 

 

海外ドラマ「シリコンバレー」とは

ギャグあり、下ネタあり、でも、夢を追いかける若者を応援したくなる、毎回ワクワクさせる海外ドラマです。

 

舞台はアメリカ西海岸のカリフォルニア州。 Google、AppleといったIT企業が多数生まれ、一大拠点となっている「シリコンバレー」で、起業を夢見る若者をテーマにしたストーリーです。

 

出てくるキャラクターたちは、オタクで変わり者ばかり。

下ネタやギャグ満載で、資金繰りや技術を盗まれた問題など深刻なものも明るくコミカルにストーリーは進んでいきます。

 

物語の中心は、主人公のリチャードが開発した、データの圧縮技術です。

 

リチャード・ヘンドリクス:Richard Hendricks(本名 トーマス・ミドルディッチ:Thomas Middleditch)

 

Look what I just found in a random box. My first headshot. Complete with sideburns and...my god...a “soul patch”. #tbtuesday

Thomas Middleditchさん(@tombini)がシェアした投稿 -

 

このリチャードは、はじめは音楽関係のサービスを開発していたのですが、その中の圧縮技術に着目した大企業や億万長者から、途方もない大金を提示されます。

大企業に技術を打って大金を手に入れるか、億万長者からの投資を受けて、自ら起業を運営する起業の道を選ぶか迷うところから物語は始まります。

 

ストーリーでは、いわゆる「IT業界あるある」が満載で、業界経験者の方は、きっと「うんうん」と、うなずきながら見てしまうのではないかと思います。

パーティーをしても男女別々で盛り上がらないし、女性に対しては普通じゃないくらい奥手の人たちばかり。

 

また、行程から何週間も遅れていたり、IT業界経験の人は、笑えてしまうことが多いでしょう(でも、自分の仕事では笑えない)。

業界未経験の人でも、IT業界の裏側、ベンチャー企業がどんな悩みや問題を抱えているか、知ることができて楽しめること間違いなしです。

 

 

そもそも、シリコンバレーってどんな地域?

そもそも、シリコンバレーという場所は、実際の地名ではなく、「通称」ということをご存知でしたか。

 

サンタクララバレーとその周辺に「半導体(英語でシリコン)」の企業が集積していたことから、「シリコンバレー」という名前で呼ばれるようになったようです。

 

 

なぜ、シリコンバレーにIT企業が集まり、起業を目指す若者たちの場所になったのでしょうか。

それは、チャレンジする人を応援する精神、失敗を悪いこととしてみない風土があったからのようです。

ドラマの中でも、その雰囲気を大いに感じることができます。

 

 

英語の勉強、リスニング対策に向いているのか

実際に見ていただくとわかりますが、下ネタも多く、いわゆる「Fワード」も連発されているので、ビジネス英語の習得には向かないと思うかもしれません。

 

でも、決してFワードを使わずに、きれいな英語を使うキャラクターもいますし、英語表現の勉強になることも多いです。

 

何より、英語のリスニング対策で海外ドラマを活用するのは、「続けること」が第一の目的です。

そのため、役に立つことかよりも、内容が面白く、何度も見たいと思えることの方が重要なのです。

 

実際、夫はこれまでも同じような海外ドラマを見てきた結果、TOEICでも890という高得点を取得することができたので、「続けること」が出来ればTOEICの対策になりえるのです。

 

TOEICやビジネス英語の教材って、正直退屈ではないですか?

もし、退屈に感じずに、毎日でも教材で勉強を続けることができるのであれば、どうぞ是非そのまま勉強してください。

 

でも、もし、なかなか勉強を続けられないのであれば、海外ドラマを使ったリスニング対策を取り入れてみてください。

 

「シリコンバレー」は1話30分程度ですし、通勤中、昼休み、帰宅後などに時間を確保しやすいです。

英語の勉強で重要なのは、毎日少しずつでも続けること、習慣化することです。

 

視聴方法~Huluでの視聴~

さて、今回紹介した「シリコンバレー」ですが、2017年11月現在、視聴方法は二つです。

 

ひとつは、DVDを購入、またはレンタルして視聴する方法です。

ただ、輸入もののようですし、字幕がどうなっているかなど、詳しいことはわからないですし、レンタルDVDがあるのかも未確認です。

 

さて、もう一つは、Huluでの視聴です。

現時点で、「シリコンバレー」を視聴できるVOD(ビデオオンデマンド)のサービスは、Huluだけです。

 

字幕も、日本語字幕・英語字幕の切り替えが可能ですので、ストーリーをきちんと追いたいときは日本語字幕で視聴して、リスニング対策に効果抜群の「英語字幕」の視聴も可能です。

 

>>海外ドラマ「シリコンバレー」をHuluで視聴してみる(2週間無料体験)

 

普段の英語の勉強がマンネリしている、英語が伸び悩んでいる方は、是非海外ドラマの視聴を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

海外ドラマを観るだけでTOEICリスニングスコアアップになったので効果をまとめてみる - ヤマコーポ