ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

広告

【出産準備】買って良かった買わなくて良かったもの一覧

広告

「産まれてくる赤ちゃんのために、何を買って良いかわからない!」

妊娠期間中、出産の準備を始めても、必要なものがわからず、不安な方も多いのではないでしょうか。

 

お母さんもお父さんも、初めてのことばかりで、なかなか準備が進まない、でもそれが普通です。

そして、そして、ネットで「出産準備リスト」と検索して、ベビー用品のメーカー等が公開している、一 覧表にたどりつく方も多いでしょう。

 

ただ、必要なものは、個々の生活スタイルによって異なりますし、家庭によってはあまり必要のないベビー用品もあります。

 

そこで、子供が一歳を過ぎた我が家の場合を例として、出産準備に赤ちゃんのために「買って良かったもの」「買わなくて良かったもの」をそれぞれ紹介していきます!

 

買って良かったもの

さて、初めは買って良かったものをジャンルごとに紹介していきます。

着るもの

・短肌着、コンビ肌着、長肌着

肌着は、それぞれ3~4枚ずつあると便利です。

もし、洗濯を頻繁にするのであればもう少し少なくても済むかもしれません。

産まれた季節や、住んでいる地域の気候によっても、汗をかいてのお着替え回数やどれくらい厚着させるかは変わってきます。

 

我が家も余裕をみて買っていたのですか、更に親戚から(使ってない)お下がりをもらいました。

結果として、たくさんあってとても助かったというのが印象です。

 

・ツーウェイオール(プレオール)

ドレスにも、足を分けても二通り使える便利なツーウェイオールは新生児の時期に重宝します。

部屋で着せるシンプルなもの、外でも着るオシャレなものを合わせて、5~6着買っておきましょう。

 

・ベスト

ベストは、少し肌寒いときに着せられるため、朝晩に気温が変化する時や、外出時に便利です。

そんなに頻繁に洗うものでもないので、2枚で十分です。

外でも着ることを考えて、可愛いものを選びたいですね。

 

・お宮参りの正装

生後約1ヶ月でするお宮参りでは、セレモニードレスを着せることが多いかと思います。

我が家では、和装を着せたい!ということで、(私の両親が)少し奮発して、着物を着せました。

最初のお祝い事ですし、産まれてからはゆっくり選ぶ時間もないので、事前にある程度目星をつけておきます。

 

・靴下

寒い季節、子供の足はとても寒そうに見えます。

そんなときは、靴下を履かせましょう。可愛いものも多いですよ!

ただ、子供は手足で熱を放出して体温を調節しますので、夏場や冬の暖房をつけてる部屋では気を付けましょう。

 

・帽子

特に、秋冬生まれの赤ちゃんに買ってあげたいのが帽子です。

外出するとき、特に髪の毛が少なく産まれた赤ちゃんは、頭がとっても寒そうに見えます(うちの子もそうでした)。

洗濯も頻繁にしますので2枚はほしいところです。

 

・コート

こちらも冬生まれの赤ちゃんに買ってあげたいものです。

ただ、赤ちゃんは基本暑がりで汗かきですので、あまり厚手のものにしすぎない方が良いでしょう。

 

 

抱っこ紐やベビーカーであれば、後で紹介する毛布も便利です。

温かい建物のに入ったとき、子供をおろさなくても気温に応じて調節がしやすいのでオススメです。

 

 ・毛布

気温の変化時の調節に便利な毛布を1枚買っておきましょう。

夏であれば、薄手で虫除けにもなるものが良いでしょう。

夏でも建物のなかは冷房が効きすぎている場合がありますので、必ず1枚鞄に入れておきました。

 

・スタイ

何枚あっても困らないのがスタイです。

贈り物でいただくことも多かったです。

いただいた高級なもの、可愛いものは外出用にしました。

 

自分で買ったのは、普段家のなかで使うように、複数枚セットで安く買えるものでした。 本当に何枚あっても足りないくらいですので、とりあえず5~6枚用意しましょう。

 

衛生・健康管理

・爪切り、鼻吸いのセット

大人用の爪切りでは切れないほど、赤ちゃんの爪は小さくて繊細です。

赤ちゃん専用の爪切りを用意しましょう。

また、赤ちゃんは驚くほど鼻水が出るので、手動の鼻吸いが入ったセットが便利です。

 

・体温計

意外と悩んだのが体温計です。Amazonのレビューを見れば見るほど決められなくなります。

 

じっとしていられない赤ちゃんは、体温を測るのに時間がかかると測れません

しかし、時間の短すぎるだと正確性に欠けるのです。 20秒程度で測れて、時間と正確性のバランスの良いオムロンの商品を選びました。

約1年使っていますが、正確に計れているようですし満足しています。

 

・温湿度計

部屋の温度と湿度をチェック、快適指数を確認するのに買いました。

大人の体感はアテになりません。

 

冷暖房や加湿を使って、冬でも夏でも、快適な温度と湿度が保てるようにしています。 旅行の時に持ち出せるよう、小さめのサイズのものもあると便利と思います。

 

・体重計

母乳で育てるなら必須なのが体重計です。

授乳前と授乳後に計測して、どれだけ母乳を飲んだか確認できます。

授乳とミルクの混合で育てる場合、授乳後に足すミルクの量の目安ともなります。

 

2グラム単位など細かく図れるものがオススメですが、値段も張るのとサイズ的にも邪魔になるのがネックです。

ずっと使うものではないので、離乳食開始前くらいまでレンタルしました。

 

・バスタオル

赤ちゃんの肌は繊細ですので、新しくて素材の柔らかいものを用意した方が良いです。

毎日使いますし、バスタオルはあまりケチらずに、吸収性も良いものを買いましょう。

バスポンチョで可愛いものもありますが、贈り物でいただくこともあります。

自分で購入するなら、実用的なバスタオルにしましょう。

 

・オムツゴミ箱

ベビー用品のメーカーから出ている専用のごみ箱もありますが、少し高いです。

また、袋のカードリッジのランニングコストもかかることから、ホームセンターでフタつきのゴミ箱を買いました。

 

匂いは気になりません。 たた、うんちの時はトイレに流して、オムツを食品保存用のポリ袋に入れて捨てる等の工夫はしています。こんな袋を買っておけば便利です。

 

・ベビーソープ

お肌が敏感な赤ちゃんの体は、ベビーソープを使いましょう。

いくつか試した結果、この商品にたどり着きました。

洗っているとどうしても、赤ちゃんの目に泡がはいってしまうのですが、他のものと比べてあまり泣かないので、刺激があまり強くないのでしょう。

 

ミルク関連

・哺乳ビン

全く哺乳ビンを使わない!という人は少ないですので、買っておいた方が安心でしょう。 

また、新生児は大量にミルクは飲みませんので、まずは小さめのサイズで軽いプラスチック製のものも買っておくと、自力で哺乳瓶を持つ可愛い姿を見られますよ!

 

・水筒

外出先でミルクを飲ませるとき、自宅から温かいお湯を持っていくことができるよう、水筒も買いました。

 

ベビー休憩室のあるようなデパートであれば、ミルク用のお湯が出るサーバーを置いていることもありますが、外出先でお湯が手にはいるとは限りません。

 

外出自は、お湯を水筒に入れて持ち歩くようにしていましたので、どこでもミルクをあげることができました。

 

・ブラシ(哺乳びん用)

何度も哺乳瓶を洗うため、すぐに痛むのが哺乳びん用のブラシ(スポンジ)です。

哺乳瓶を買うなら、併せて買っておきましょう。

 

・消毒液

哺乳瓶の消毒に使う消毒液も、出産後退院してすぐに使うようにものですので、用意しておきましょう。

浸け置く用の専用のケースも売っていますが、100均で買えるプラスチックケースで十分でした。

 

寝具関連

・布団セット

赤ちゃんが1日の大半を過ごす布団は必須アイテムです。

ベッドを買わない場合でも、大人と一緒の布団で寝るようになるのは少し先ですので、新生児は赤ちゃん布団で寝かしてあげたいものです。

敷き布団、掛け布団などがセットになっているものが便利です。

また、温度調節には、我が家では肌触りの良い新品のバスタオルを使っていました。

 

・まくら

寝返りをうつようになるまで、まくらがあると、頭の形を整えることができますので、ドーナツ型のまくらを使うようにしましょう。

おかげで我が家の子供の頭の形は丸くなりました。

 

・ジョイントマット

バランスを崩して頭を打ちやすい赤ちゃん。

床の材質にも寄りますが、衝撃を軽減してくれるマットも必要です。

 

部屋の大きさや、模様替えにも対応しやすいジョイントマットがおすすめです。

汚れても、該当する箇所だけ洗えるので衛生的です。

 

・メリー

寝返りもうてない頃から、つかまり立ちができるようになるまで長く遊べるメリーは買って良かったおもちゃNo.1です。

一歳を過ぎたいまでも、時々上機嫌で遊んでいて、買ったばかりの頃と比べてうまく遊べるようになったなぁと夫婦で話しています。

最初に買うおもちゃにオススメです。

 

外出用品

 

・マザーズバッグ

オムツやミルク等を持ち歩くようになると、荷物はかなり増えます。

また、必要なときにすぐに取り出せる構造の鞄が便利です。

子供が動き回らないうちは、肩掛けのバッグがオススメです。

また、オムツポーチ、オムツ替えシートがセットになっているものを選ぶと無駄がないです。

 

動き回るようになると、両手が空いていたほうが子供の安全を確保しやすいですので、リュックタイプに切り替えました。

 

・ベビーカー

車を持っていない家庭では、ベビーカーは必須アイテムです。

店頭で見て、実際に押してみたりと、使用感を確認して決める方が良いです。

オススメは二つあります。

 

ひとつ目は、軽さがウリの、コンビ製のメチャカルハンディです。

お母さん一人でお出かけするとき、折り畳んで運ぶ際に軽くて便利です。

そのため、保管時もコンパクトで家の中であまり場所を取りません。

 

ふたつ目は、ピジョン製のランフィーです。

ベビーカーは段差に弱く、本当によくつまづきます。

車輪が大きく段差に強いランフィーは、ちょっとした段差であれば全く問題なく進んでいきます。

 

なお、ベビーカーを買うタイミングは、退院後でも良いと思います。

我が家では、出産前に買っておきましたが、実際に使い始めたのは、1ヶ月検診が終わり実家から戻ってからです。

 

産前の準備でお店に出向いた際に、実際に商品に触れて、ある程度候補を絞っておいて、実際生活してみて欲しくなったら、ネットで注文というのが賢いと思います。

 

・抱っこ紐

赤ちゃんを抱っこして楽に運ぶことができるのが抱っこ紐です。

お母さん、お父さんの両手が空きますので、安全です。

 

また、抱っこひもの構造もわかりやすく、たまにしかつけないお父さんでも簡単に使えるものが良いでしょう。

 

街中を歩いていると、「エルゴ」の抱っこ紐を使っている方をよく見かけます。

とても人気がありますが、値段もそこそこ高いです。(首が据わるまでは別売りのインサートも必要です)

 

あまり抱っこ紐にはお金をかけたくない、というのであれば、「グレコ」の抱っこ紐もおすすめです。

インサート付きで1万円前後と、比較的金額も安価ですし、他の人と重なることが少ないです(ほとんど使っている人を見たことがない)。

 

 外出の必需品である抱っこ紐も出産前に買っておきましょう。

 

・オムツ捨て用の袋

外出先でオムツ替えしても捨てられない時、袋が必要になります。

この商品はペット用ですが、オムツ捨て用の袋として持ち運びに便利です。

 

買わなくて良かったもの

次に、買ったけれど使わなかったもの、結局買わなくて正解だったものを紹介していきます。

 

・室内履き

靴下と併せて買うか悩んだのが、室内で履かせる靴。

というのも、お店には可愛らしいものが並んでいて、「履かせたい!」と思うものをたちばかり。

ただ、歩き始めは裸足の方が歩きやすいというのと、防寒には靴下で間に合うと考えて、買うのを止めて正解でした。

 

・ミトン

いわゆる手袋です。肌着のセットについて来ましたが、ほとんど使いませんでした。

はじめは、赤ちゃんは意外と爪が伸びていて、顔をこすって傷つけてしまうので心配になってミトンをつけたくなります。

 

我が家では、助産師さんに「ミトンで指しゃぶりができなくなることで、赤ちゃんの手指の発達を遅らせる」と言われて使うのを止めました。

 

ただ、顔を引っ搔いてしまうことの多い赤ちゃんは、湿疹を悪化させることもあるようですので、ミトンを使ったほうが良いかもしれません。

その意味で一概には不要とは言い切れません。

 

・ベビーバス

生後1ヶ月までは、大人とは一緒のお湯に入浴するのを避ける必要があります。

そのため、バスタブを購入される方は多いのですが、1ヶ月検診でOKが出た後は一切使わなくなります。

 

我が家は、1ヶ月検診まで実家で過ごしたこともあり、私自身が(数十年前)赤ちゃんの時に使っていた年代物のベビーバスを使いました。

実家にも残っていない方がほとんどと思いますので、退院日前に届くようにして、1,2ヶ月だけレンタルで十分です。

 

・湯温計

実家のお風呂には給湯器がなく、温度を手の感覚で調節する必要があったため買いました。

今の家は給湯器で温度設定できますので、不要なことが多いと思います。

実家から自宅に戻ってからは、使っていません。

 

・ガーゼタオル(沐浴布)

お風呂で裸になると不安になる赤ちゃんには、体にガーゼタオルをかけてあげると安心するようです。

うちの子はお風呂大好きでしたので、いらなかったです。

お風呂嫌いかどうかは、入院中に入れたときににわかりますので、沐浴布は退院後の購入でも十分です。

 

・ベビーベッド

布団を床に敷いて寝かせることで、部屋のほこりを赤ちゃんが吸ってしまうことを防ぐためにオススメなのがベビーベッドです。

しかし、うちの子はベビーベッドで一人で寝てくれることはなく、添い寝をすることに。。

安い買い物でもないので、もったいなかったかな、と思っています。

 

ただ、大人がベッドで寝ているのであれば、ベビーベッドは必須だと思います!

大人と一緒のベッドで寝てベッドから落ちたら大変ですので、ベビーベッドで寝かしましょう。

 

・スリーパー

どうしても赤ちゃんは布団を蹴ったりして、夜中に気がつくと布団をかぶっていない状態になります。

寝冷え防止に役立つのが、スリーパーです。

 

我が家では、暑いから体温調節に布団を蹴っているのに、スリーパーを着せたら暑くて汗だくになるのでは?と思い、買いませんでした。

しかし、最近は、大人の布団に進出してきたり、180度回転して逆向きに寝ているくらい激しい寝相なため、これから買おうか悩んでいます。

 

(おまけ)欲しかったもの

最後に、欲しかったけれどの買わなかったものたちを紹介していきます。

・電動の鼻吸い

赤ちゃんは本当に鼻水がよく出ます。

手動では取りきるのは難しく、風邪で鼻水ズルズルのときは、病院で機械の鼻吸いをしてもらっています。

それでも、夜には鼻水が戻ってしまうため、寝る前に鼻を吸ってあげられるように、電動の鼻吸いが欲しいです。

近いうちに買いたいなぁと思っている商品です。

 

終わりに

今回は、出産を控えたお母さん、お父さん向けの準備品リストを紹介しました。

 

もし、このリストにないもので、「これは買わなかったの?」とか「これは要らないの?」とか疑問に思うものがありましたら、コメントいただければ我が家の経験をお伝えいたします。

 

この記事がこれからお母さんお父さんになる方々の不安を解消して役に立てば嬉しいです。

 

 

こちらもどうぞ!

絵本のセット6選!出産祝、プレゼントにおすすめ!

こどもちゃれんじぷちの口コミ・レビュー・評価【オススメ】

子供の寝かしつけにオススメの電車の絵本3選と選び方