ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

広告

オンライン英会話準備リスト(ヘッドセットWEBカメラ他)

広告

以前、オンライン英会話にオススメのビズメイツについて、こんな記事を書きました。

 

【オンライン英会話】ビジネス英語にオススメのビズメイツ

 

ビズメイツは、特にビジネスに特化した英語を勉強できるオンライン英会話で、講師の質も高くオススメです。

 

オンライン英会話を始めるに当たって、事前に準備しておいた方が良いものがあります。

我が家でも持っていないものがありましたので、オンライン英会話を始める方の参考になればと思い、まとめておきます。

 

パソコン

まず必要なものはパソコンです。 タブレットやスマホでもオンライン英会話のレッスンは受けられるようですが、レッスン初心者は、パソコンで受けた方が快適に英会話ができます。

 

ほとんどの家庭にはパソコンはあるでしょう。我が家にも比較的新しいパソコンがあります。もし、今パソコンを持っていない場合や、パソコンの調子が悪い場合で、国内メーカーのパソコンを10万円以内で購入したい方がいれば、この記事を参考にしてみてください。

 

ノートパソコンの買い替えにオススメ【東芝ダイレクト】

 

インターネット環境

自宅にインターネット環境がないという方は少ないと思います。

ただ、オンライン英会話をするために十分な回線速度があるか、不安な方はいるかもしれません。

 

まず、レッスンは「スカイプ」というオンラインの電話サービスを使って行われることが多いです(ビズメイツはスカイプを使います)。

 

そして、スカイプに必要な回線速度については、こちらに記載がありました。

Skype はどのくらいの帯域幅が必要か。

ビデオ通話をするには、「1.5mbps」という回線速度が推奨されているようです。

 

そして、ご自宅のインターネット速度は、こちらのサイトでチェックができます。

ラピッドネット|回線速度の測定、PC・スマホに対応した国内最速のスピードテストサイト

 

ちなみに、我が家の速度は、ダウンロードスピードが「58.0mbps」、アップロードスピードが「27.0mbps」でしたので、問題なさそうです。

回線速度はあまり考えずに契約し、比較的安いwifiを飛ばす機材を使っているので心配していましたが、十分な速度が確保できていて良かったです。

 

速度が十分ではない場合は、ポケットWi-Fiをお試しするつもりでいました。

 

Wi-Fiでは速度が不安定と思われるかもしれませんが、公表上では十分な速度が確保されているようです。ただ、実際の通信速度はもうすこし落ちる可能性がありますし、対象地域になっていても、屋内外や時間帯でも回線速度の影響を受けるようですので、注意は必要です。

 

実際にレッスンする場所、時間帯で確認してみて、うまくいかないようであればキャンセルするつもりでいました。月額料金も手頃で、キャンセルのしやすいこちらが候補です。

 

 

※解約違約金無料はお申込み住所がUQ WiMAXのWiMAX2+ピンポイントエリア判定が〇(マル)の方に限ります。また、キャンセルしても、事務手数料はかかるようです。また、端末代の請求を受けないようにするには、到着後8日以内に端末を返品するなど、一定の条件がありますので、詳しくは注意事項を確認しましょう。

 

 

インターネット環境は問題なくても、時間帯によっては回線が不安定な場合もあります。 その場合は、映像の画質を落としたり、映像を切って音声のみでのレッスンも考える必要があります。ただ、映像なしでは英会話の難易度が上がりますので注意が必要です。

 

ヘッドセット

パソコンにマイクがある場合や、Webカメラにマイクがついている場合は、ヘッドセットなしでもオンライン英会話のレッスンは可能です。

 

しかし、ヘッドセットを使うことで、相手の音声、自分の音声がよりクリアに届くようになり、コミュニケーションは格段に楽になります。

例えば、日本語でする電話でも音声がプツプツ切れてしまうと、意志疎通は難しくなりますよね。

 

できるだけ価格を抑えて、問題なく使えればOKであれば、こちらのヘッドセットが良さそうです。記事を書いた現在で1,500円程度で購入可能です。

 

ただ、夫の希望でヘッドセットは可能なら無線(Bluetooth)の方がストレスなく使えて良いと言われていますので、レビューの良いこちらもピックアップしておきます。さがに価格帯は4,000円前後(記事を書いた現時点)ですので、しばらくオンライン英会話を続けてからの導入となるかと思います。

 

WEBカメラ

WEBカメラについては、我が家のノートパソコンに内臓されていますので、買う必要は無さそうです。 もし使い勝手が悪い、画質の面で外付けのWEBカメラが必要になれば、レビューも良くて金額も手ごろなこの商品を買うことにしたいと思います。

 

また、以下の商品の方がレビューも高く、価格も安いのですが、Amazonプライム会員でないと注文できないようです。

スカイプ

レッスンは、スカイプというシステムを使って行いますので、パソコンへのインストールをしておきましょう。

デスクトップ コンピューター用 Skype をダウンロード | Skype

 

もしスカイプを使うのが初めてということであれば、操作に慣れるためにも、レッスンの前に一度スカイプ使い方をテストしておきましょう。

 

特に、外付けのWEBカメラやヘッドセットを使う場合は、きちんとパソコンで認識され、スカイプで音声を拾っているか、確認しましょう。

 

※パソコンやWEBカメラがマイク付の場合に、ヘッドセットを使う場合は、スカイプで拾っている音がきちんとヘッドセットのものか確認しましょう。 せっかくのレッスンで、スカイプの操作がうまくいかずに終わってしまうともったいないですよ。

 

とは言っても、一度使えば大体の使用方法はわかりますので、恐れることはありません。

 

自己紹介、簡単なフレーズ

さて、ここまでオンライン英会話を始めるにあたって準備するものを紹介しました。

最後は、機材ではなく英語の自己紹介、簡単なフレーズについて、基本的なものを紹介します。

 

挨拶

・Hello, how are you?(こんにちは、元気?)

まずはこれだけでOKです。軽い挨拶をして、英会話をスタートしましょう。

 

・How are youへの返事

簡単に自分の状態を話せると良いです。

I'm fine thank you, and you?のような形式ばった英語よりも、

I'm feeling great, because~のように、気持ちを伝えつつ、今日あったできごとを理由として伝えられると話題が展開しやすいのでオススメです。

 

・自分の呼び名を伝える

I'm Kenichi, please call me Ken.

 のように、短縮する形の呼び名を用意しておくと、外国方でも日本人の名前を呼びやすくなります(特に日本語で3~4文字以上の名の人)。

講師に「何と呼んだら良い?」と聞かれる前に、自己紹介で言ってしまっても良いですね。

 

自分の仕事を説明する

ビジネス英会話である以上、自分の仕事について説明できるようにしておきましょう。

 

I work in sales for IT company.(私はIT企業で営業をしています)

 

というように、まずは自分の職種と業界を簡単に言えると、講師も「どんなものを売っているの?」とか話を展開しやすくなります。

 

相手に聞き返す

以下に4つのパターンを示しておきますが、出来るだけ一つ目か二つ目のフレーズを選びましょう。 何故かというと、自分がどこまで聞き取れているか、理解出来ているかを講師に伝えた方が、自分の英語力を把握してもらいやすいためです。

 

・英語は聞き取れたけど、理解出来ているか自信がない場合

Do you mean that~?(~ということですか?)

 

・少し聞き取れたけど、自信がない場合

Did you say~?(~と言いましたか?)

 

・全く何を言ったかわからない場合

Sorry, I didn't get that. Could you please say that again?(すみません、何を言ったかわかりませんでした。もう一度お願いできますか?)

 

・意図が読み取れなかった場合 I'm not sure what you mean.(何を意味しているかわかりません。)

 

他にも覚えておくと良いフレーズはありますが、あまり準備に時間をかけすぎて、レッスンに踏み出せないのはもったいないです。

まずは簡単なものだけ覚えたら、レッスンに突入しましょう。習うより慣れよ、です。

 

まとめ

今回は、オンライン英会話を始めるのに必要な、準備しておくべきものを紹介しました。パソコン、ネット環境、WEBカメラ、ヘッドセットを用意して、そして簡単な英会話のフレーズを覚えたら、レッスンを受けてみましょう。

 

なお、オンライン英会話のオススメは、こちらの記事でも紹介した、ビジネスに特化した「ビズメイツ」です。

 

【オンライン英会話】ビジネス英語にオススメのビズメイツ