ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

若手・新入社員へ捧げるメンズスーツの選び方

広告

これから社会人になるけど、一着しかスーツしか持っていない!
若手社員に似合うスーツはどこで買えるの?

 

新生活に向けて、新しいスーツを購入することを検討する方もいるのではないでしょうか。
特に若手社員、新入社員にとって、スーツ選びで重要となるのは、ズバリ「体に合ったスーツを選ぶこと」です。

 

新入社員、若手社員はどこでスーツを買うのが良いか

体にピッタリ合うスーツを買えるのが、オーダースーツです。


実際、ここ数年はスーツはオーダーのみ、これまで5着以上のオーダースーツを作ってきた経験から、新入社員、若手社員こそ、オーダースーツを買うべきと夫は考えているようです。

 

それはなぜか、具体的に見ていきます。

 

体にピッタリで第一印象が良くなる

スーツの第一印象を決めるのは、そのブランドや生地の良さでもなく、サイズが合っているかです。

 

例えば、肩幅が合っているか、スーツのそでやパンツの丈が短すぎたり長すぎたりしないかといったポイントです。

 

サイズが合わないと、余計なシワが入っていたりします。


職場では清潔感が重要などと言われますが、特に女性はその人のスーツが似合っているか、サイズが合っているかをよく見ています。

f:id:yamacorp:20180221232834j:plain

なぜ既製品では体に合わないのか

既製品を取り扱っているスーツ店にいくと、同じ生地でもあらゆるサイズのバリエーションを揃えていると思います。

 

それでも、実際にお店で着てみるとなかなかサイズが合うものがないという経験をしたことがありませんか。

 

特に、ジャケットで合わせてみて、いざパンツに足を通してみると、太ももやお尻がパツパツということもあります。

 

人の体は、千差万別で、肩幅が広くても下半身は細身だったり、身長が高くなくて小柄に見えても、下半身の筋肉がついていたり、既製品で完全に合うスーツを用意するのは難しいのです。

 

もっと言えば、利き腕やスポーツの経験から、左右の腕の長さも数センチ違うこともあります。

 

既製品ではとてもピッタリ合わせることはほぼ無理でしょう。

 

オシャレに気を使わない人こそオーダー

「自分はスーツのデザインとか気にしないし」とか、「オーダースーツとかオシャレに気を使ってると思われる」と考えるかもしれませんが、オシャレに気を使わない方にこそオーダースーツを選んでほしいです。

 

シンプルな生地やデザインなど、あまり奇抜ではない組み合わせをお店の人と相談できますし、こだわりのない人こそオーダースーツなのです。

 

また、自分の職場の雰囲気(先輩がどんなスーツを着ているか)によって適切なデザインや、そして、デスクワークが多いのか、外回りが多いのか等を伝えることで、自分にとって快適なサイズ感を選び出してくれます。

 

もちろん、ボタンの色や形など、細部のデザインをこだわることもできますので、カスタマイズ性を楽しむこともできます。

 

選ぶのにストレスがかからない

既製品を取り扱うお店に行って、山ほどあるスーツの中から自分に合うものを選ぶ作業を苦痛に思う人もいるでしょう。

 

そもそも、色も生地もシンプルで良いし、とにかく選んで試着してさっさと帰りたいという人も多いのではないでしょうか。

 

やっと選んだと思ったら、サイズがないのでこちらはどうですか?と店員さんに言われて、次第に面倒になり、適当なものを選んで帰る、もしくは買わずに帰るという経験もあるのではないでしょうか。

 

オーダースーツは流れに無駄がない

オーダースーツであれば、そんな無駄はありません。

 

まず、デザインや価格帯から生地を選んだら、後は体の細かいサイズを採寸して、着丈の好み(例えば、身長が低ければ、ジャケットの丈を短めにする等)を伝えて、ボタンの形や裏地の色を伝えれば完了です。

 

つまり、既製品のように、デザインが気に入ったけどサイズが合わないとか、ジャケットはピッタリだけど、パンツが合わないとか、選び直し、振り出しに戻る感はなく、オーダースーツの場合は、一連の流れに無駄はありません。

f:id:yamacorp:20180221233226j:plain

2回目以降は時間も短縮できる

はじめてオーダースーツを作る場合は、お店の状況次第ですが、30分~1時間程度はかかるとみておきましょう。

 

それを長いと見るかどうかですが、生地選びから採寸までの一連の流れに無駄がないので、長く感じることはありません。

 

そして、2回目に同じお店でオーダーする場合は、既にサイズのデータは残っていますので、採寸時間は短くなります。

 

前回の採寸から、太ってしまったり、筋肉がついたりすると、改めて計り直すことになりますが、そうでなければ、あっという間にオーダーすることができます。

 

既製品より値段もそれほど高くない

オーダースーツって値段が高いでしょ?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

価格帯については、生地によって幅がありますが、安いものであれば2万円程度でオーダースーツをつくることができます

 

もちろん、フルオーダーといったものになると、値段の桁が1つ上がってしまいますが、はじめてオーダースーツを選ぶのであれば、パターンオーダー(2万円~)、イージーオーダー(5万円~)の価格帯です。

 

生地は上質なものではありませんが、オーダースーツのハードルを下げてくれる価格設定です。

 

デメリットは納期

オーダースーツのデメリットは、その納期です。

 

オーダーしてから作り始めるため、既製品をお直しするよりも当然時間がかかります。

 

大体の目安ですが、納期まで1ヶ月以上は見ておいた方が良いです。

 

そのため、急ぎでスーツがほしい場合は、オーダースーツは向いていないでしょう。

 

まとめ

今回は、若手社員、新入社員向けにオーダースーツをオススメしてみました。

既製品を取り扱うお店で、スーツ選びに疲れてしまったら、一度オーダースーツを試してみてください!