ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

ファイナンシャルプランナーとは?FP3級の難易度と実技の選択

広告

いろいろな資格を取りはじめた夫ですが、先日今年度最後となるであろう資格試験に臨みました!それは、言わずと知れたFP(ファイナンシャル・プランナー)の3級です。

 

結果はまだ出ていませんが、自己採点によるとギリギリ合格したようです。

今回は、なかなか勉強時間が確保できず、かなり苦労したようです。

 

今回は、FP3級の難易度と、受験しようと思った切っ掛け(動機)、科目選択について紹介します!

 

f:id:yamacorp:20170212221916p:plain

FP(ファイナンシャル・プランナー)とは

きんざい(一般社団法人金融財政事情研究会)のホームページによると、次のようにあります。

FP(ファイナンシャル・プランナー)は、顧客である個人や中小企業事業主の相談に応じて、顧客の資産に関する情報を収集・分析し、顧客のライフプランやニーズに合わせた貯蓄、投資、保険、税務、不動産、相続・事業承継等についてのプランを立案し、アドバイスを行う、資産相談に関する専門家をいいます。

 

ざっくり言うと、税金、住宅ローン、不動産、教育、老後、投資、相続といった、ありとあらゆるお金のエキスパート、それがFPです。

 

その知識を問う試験として国家検定制度の「FP技能検定」があり、1~3級で構成されています(この記事ではFP3級と略して紹介します)。

 

FP3級の実施団体には、「日本FP協会」と「きんざい」があり、どちらを選ぶかで一部の試験内容も異なります(後述)。

 

 

FP3級の難易度は?

FP3級には受験資格はありません。厳密には、「業務に従事している者または従事しようとしている者」とありますが、誰でも受けることができます。お金のエキスパートと言っても、FP3級は入門レベルです。

比較的簡単に合格できる部類と言って良いでしょう。

 

試験は、午前の学科、午後の実技から構成されていますが、学科60点満点で36点以上、実技100点満点で60点以上取れば合格です。

つまり、受験者のレベルで合格レベルが左右されたり、合格点が変化することもなく、6割以上の得点があれば必ず合格できる試験です。

 

合格率は、直近のデータ(2016年9月実施、きんざいのホームページより)によると、午前の学科が約55%、午後の実技が約83%です(実技のデータは、個人資産相談業務)。

 

ここからは夫の感覚となってしまいますが、最近取得した資格のビジネス実務法務検定3級、ITパスポートと比べて、FP3級が最も難しかったという感想をもっているそうです。

 

理由としては、FPの分野、つまりお金の知識がほとんどなく、業務にも関係がないから、まさにゼロから知識を積み上げる必要があったからだそうです。

 

それと、勉強場所の問題です。夫の主な勉強は、通勤電車の中で行われます。

 

そのため、問題集を広げて、電卓を叩いて解く必要のあるFPの問題集を満足できるまで解く時間を確保できなかったようです。

 

今回はほとんど勉強時間を確保出来なかったため、試験で苦戦して、他の試験よりも難しく感じたのでしょう。

あくまで夫の感想ですが、参考にしてみてください。

 

受けようと思ったきっかけ(動機)

一般的に、FPを受ける動機は、自分の生活(資産形成など)のためか、キャリアのためかの二つに分類されるようです。

 

夫の場合は前者で、一番のきっかけは子供ができたことだそうです。

 

今、私自身は専業主婦で、家計は夫が稼ぐサラリーマン収入に依存しています。

ただ、子供が小学校に上がるまでには、住まいを固めたいと考えているため、マンションか戸建て購入も検討しています。

子供の教育資金も考えなくてはなりません。

 

また、今後どれだけのお金を貯めていけば良いのか、子供が苦労せずに済むのか、そんなこと考えたときに、FPで体系的にお金の知識を身に付けたいと思ったようです。

 

実技試験はきんざいの「個人持参相談業務」を選択

さて、ここからはFPの試験について説明します。

試験を受けようと思ったときに、まず迷うのが、実技(午後の試験)でどの科目を選択するかです。

 

実は、FPという資格は、FP協会ときんざいの2つの団体が実施しており、実技試験の内容も異なります。

3級では、次の3つから、実技試験の選択科目を決める必要があります。

その実技試験の選択によって、申し込み先が「きんざい」か「FP協会」か決まります。

 

(1)(きんざい)個人資産相談業務

(2)(きんざい)保険顧客資産相談業務

(3)(FP協会)資産設計提案業務

 

まず、選択科目で悩んでいる方は、(1)(きんざい)個人資産相談業務(3)(FP協会)資産設計提案業務、のどちらかを選ぶことになります。 (2)は名前にもある通り、保険分野に重きを置いた試験内容となります。

 

保険業界の知識がある場合や、その知識を積極的に身に付けたい場合は、迷わず、(2)きんざいの実施する保険顧客資産相談業務を選ぶことになるでしょう。

 そういう意味で、科目を悩むということは、まず(2)を選ぶことのない方だとわかります。

 

で、(1)(きんざい)個人資産相談業務(3)(FP協会)資産設計提案業務で迷う場合は、(1)を選択、きんざいで申し込みをすることをオススメします。

 

FP3級は、下に書いた6つの試験分野から構成されていますが、(1)(きんざい)個人資産相談業務では、「リスク管理」が出題されないのに対して、(3)(FP協会)資産設計提案業務は、全ての分野から出題されます。

※あくまで午後の実技の話です。午前の学科は、きんざいとFP協会どちらを選択してもまったく同じ問題が出題されます。

 

・ライフプラニングと資金計画

・リスク管理

・金融資産運用

・タックス・プランニング

・不動産

・相続・事業承継

 

すこしでも、「実技の」勉強範囲を減らしたいのであれば、(1)(きんざい)個人資産相談業務が良いでしょう。

 

ただ、せっかく受験するのだから、実技でも全分野を網羅したいという場合や、両試験内容を比べて、FP協会の方が自分に向いていそうであれば、(3)を選択しても良いと思います。

 

ただ、迷ってなかなか申込みができない、勉強が進まないという方には、(1)(きんざい)個人資産相談業務を選択し、きんざいに試験の申込みをして、早めにテキストと問題集を開きなさい、と背中を押したいと思います。

 

今回はFP3級の概要と実技の科目選択について紹介しました。

 

オススメの参考書や勉強法については、こちらの記事をどうぞ。

【FP3級】オススメ参考書(テキスト・問題集)と勉強法 - ヤマコーポ