ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

Fire TV Stick新型レビューとオススメの理由!旅行や帰省のお供に

広告

テレビの画面でインターネットのドラマを見たい!
スマホやタブレットで映像を見せるのは子供にはよくなさそう!

我が家では、HuludTVを契約していますが、これまでは、パソコンやタブレットで視聴が多く、どうしても大きい画面で見たい場合は、HDMIケーブルでパソコンとテレビをつないで視聴していました。

しかし、子供にアニメを見せるのにタブレットで見せるのは目に良くなさそう…ということでテレビで映像を見るためにFire TV Stickを購入したところ、これが大正解!今回は、Fire TV Stickのレビューをしたいと思います。

Fire TV Stickとは

HuluやdTV、Amazonプライム会員(プライムビデオ)などの映像をテレビ画面で視聴するためのツールです。
このような有料の契約をしていなくても、YoutubeやAbema TVといった無料の動画サービスを視聴するにもFire TV Stickは便利です(YoutubeをFire TV Stickで見たい場合は注意点があります)。

逆に言うと、テレビがないとFire TV Stickだけでは映像は見られませんので注意してください。

他に必要なもの

映像を見るためにFire TV Stickの他に必要なのは、
 ・HDMI端子の付いたテレビ
 ・wifi 環境(有線ケーブルの場合は4Kモデルになります。詳しくは後述)
の2つです。

HDMI端子とは、こんな形(↓画像参照)をしたケーブルを指す穴のことで、TVの横や後ろについていることが多いです。HDMIという文字が穴の横にあるはずですので、探してみてください。

f:id:yamacorp:20171222223812p:plain



Fire TV Stickが不要な方

自宅のテレビが、パソコンやインターネットの機能がついたスマートテレビ(Smart TV)であれば必要ありませんし、パソコンとHDMIケーブルでつなぐことが面倒でなければ、Fire TV Stickは必要ありません。

が、Fire TV Stickのリモコン操作の便利さに慣れてしまうと、パソコンをHDMIケーブルでつないで、映像を選択する都度、いちいちPCを触るような生活には戻れません(大袈裟)。

基本はfire TV stickの一択

Amazonが販売している「Fire」とか似たような名前のついた端末には、いくつか種類があります。 しかし、自宅にwifi環境があるのであれば、コスパ抜群のFire TV Stick (New モデル)(4,980円)で良いです。
自宅にwifi環境があるかわからない場合は、ご家族に聞いてみてください。

Fire TV 4K・HDR 対応モデルが良い人

実は、Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応(8,980円)という商品もあるのです。

こちらの端末をオススメしたいのは、
 ①数千円の差ならハイスペックなものが欲しい
 ②wifi環境がなくて/wifiでは回線速度が遅くて有線ケーブルで接続したい場合
 ③4K対応の映像を視聴したい場合
のどれかに当てはまる方になります。

どれにも当てはまらないのであれば、コスパ抜群のFire TV Stick (New モデル)(4,980円)で十分です。

使い方(セットアップ)

使い方はとってもカンタンです。届いてからセットアップ完了まで10分程度で視聴開始できます。

 ①Amazon Fire TV Stickを電源に接続する
 ②Amazon Fire TV StickをテレビのHDMIの穴に差し込む
 ③テレビのリモコンを操作し画面をHDMIを差した「入力」に切り替える
 (入力2と書いてある穴に指したらTVのリモコンの入力切替のボタンで入力2に)
 ④Fire TV Stickに付属のリモコンに電池を入れる
 ⑤テレビ画面の指示に従ってリモコンを使ってセットアップする
 (言語で日本語を選択し、自宅のwifiを選択します。自宅のWifiのパスワードが必要になりますので確認しておいてください)

文字にすると手順が多く見えるかもしれませんが、10分程度で完了しますので、まったく難しくありません。



オススメの理由

テレビでHuluやdTVが見たい!

これまで、ネットの映像を視聴する場合、パソコン、タブレットで映像を見てきました。
しかし、どうしてもテレビの大きい画面で、HuludTVの映像コンテンツを見たくなりました。

先にも書いたとおり、パソコンをHDMIケーブルで繋げば、テレビでHuludTVを視聴できます。
ただ、視聴する映像を選ぶとき、いちいちパソコンを操作するために、ソファから移動するのは煩わしいです。

それを解消してくれるのが、Fire TV Stickです。
付属のリモコンの操作性は非常に良くて、サクサク見たい映像をストレスなく選ぶことができます

もし、Amazonプライムに加入していて、プライムビデオを楽しんでいるのであれば、間違いなく便利です。

というのも、Fire TV Stickがあれば、付属の「音声認識」リモコンで、簡単に見たい映像を探すことができるからです。
我が家ではまだAmazonプライムは加入していませんので、音声認識の精度は確認していませんが、ネット上の評判ではかなり精度が高くて便利なようです。

スマホ、タブレットで子供に映像を長時間は見せたくない

f:id:yamacorp:20171222232914p:plain

我が家の子供も、アンパンマンやトーマス、しまじろうといった映像を見るのが大好きです。
料理や掃除といった家事をしているとき、どーしても子供に映像を見ておいて欲しい時があります。

旅行の移動中などはやむを得ないですが、普段の生活ではできるだけスマホやタブレットで映像は見てほしくないです。

Fire TV Stickを買った一番の理由は、子供にスマホやタブレットで長時間映像を見てほしくないからです。今では大人しくテレビで心置きなく(というほど長時間ではないですが)映像を見せられるようになりました。

地上派のテレビがつまらない(特に年末年始)

最近では、リアルタイムでテレビを見る機会がとても減りました。
生で見るのは、ニュースとスポーツくらいで、あとはHDDに録画して、後日暇なとき、子供が寝た後に面白いと評判になったドラマを見るくらい。

地上波のテレビがつまらなくなったのは、テレビを見る層が変化し制作側がターゲットにする視聴者層から自分が外れたことが原因です。

そして、年末年始は普段以上にテレビがつまらなくて、観る番組がなくなりませんか。
その時に備えて、dTVHuluといったVOD(ビデオ・オン・デマンド)に加入しておいて、その映像をテレビで視聴するのに、Amazon Fire TV Stickを使えば、年末年始も暇することはないでしょう。

持ち運びに便利なサイズ!帰省先、旅行先でも視聴可能

年末年始に実家に帰ったり、旅行先に行くとやることがなくなりませんか。
外は寒いし、空いているお店も限られる、空いているお店は混んでるで、自宅で過ごす時間は多くなるでしょう。

その時、旅行先や実家にテレビとwifi環境があれば、Amazon Fire TV Stickだけ持って行けば、実家や旅行先でもdTVHuluといったコンテンツを楽しむことができます。

まぁ、タブレットやスマホでもdTVHuluのコンテンツは楽しむことは出来ますが、子供に長時間見せるのは嫌なんです。

Fire TV Stickはサイズも小さくて持ち運びに便利なので、手軽に自宅から持ち出すことができます。


注意点(Youtubeは見られなくなる?)

これまで、Amazon Fire TV Stickのメリットをお伝えしてきました。しかし、ひとつだけ注意しておきたいことがあります。
2018年1月1日から、Youtubeが視聴できなくなるのです!

もし、Youtubeを視聴したいのであれば、Googleから発売されているChromecast(クロームキャスト)というFire TV Stickと同じような機能を持った製品を選んだ方が良いです。

ただ、逆にChromecastでは、Amazon Primeビデオは見られないようですので、どちらを選んだ方が良いか、よく考えましょう。

※Google(Youtubeを2006年に買収)とAmazonの間で、合意に向けて「有意義な議論」ができたという報道もありました(2017年12月14日付)。いつかは解消されるのかしら。

www.theverge.com



※検証はしていませんが、ブラウザアプリを使ったり、スマホやパソコンの映像をキャストすることで、どちらの端末でもYoutube、Amazon Primeビデオを見ることもできるようです(繰り返しますが、未検証です)。


おわりに

さて、今回はAmazon Fire TV Stickをオススメしてみました。
年末年始(の暇つぶし)に向けて、テレビで映像を視聴するのに便利な端末です。
本当に買ってよかった!!



▼dTVについてはこちらの記事で紹介しました!

年末年始の子供との長距離移動にdTVをオススメしたい理由