ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

年末年始の子供との長距離移動にdTVをオススメしたい理由

広告

これから子供を連れて旅行に行くけど、長い移動時間を子供が耐えられるか心配!

子供にアニメを見せたいけど、ネットで動画が見られるサービス(VOD:ビデオオンデマンド)はどれが良いかわからない!

そんなあなたのために、今回はdTVというサービスを紹介してみます。

ネットでアニメ動画を見るVOD

最近、インターネットを通じてドラマやアニメの動画配信を提供するサービスが増えてきました。

よく知られているところでは、HuluやNetflixなど、テレビCMで見かけることも増え、地上派のドラマの見逃し配信や、それぞれのオリジナルドラマなどでもかなり定着してきました。

見たい番組に合わせてテレビをつけるよりも、録画しておいて手が空いた時間に見るという家庭も増え、ライフスタイルが少しずつ変化してきました。

好きなときな好きなコンテンツを楽しむという新しいライフスタイルにピッタリのサービスとして、VODが定着してきたのは頷けます。

 

dTVをオススメする理由

前置きが長くなりましたが、そのVODの中でも、移動中に子供にアニメを見せることを考えると、選択肢としてはDOCOMOが提供しているdTV一択です。

 

メリット①:ダウンロード(オフライン視聴)可能

一番のメリットは、動画のダウンロード、つまり保存が可能(一部コンテンツ除く)なことです。
旅行の移動中には、インターネット環境が使えないこと(飛行機)や、インターネット接続が不安定(新幹線)になることがあります。

そのため、事前にスマホやタブレットに動画を保存しておける、ダウンロード可能なサービスは必須と考えました。

もしインターネット環境があったとしても、何本もダウンロードしていては、スマホの通信量が契約の上限を越えてしまいます。

例えば、アンパンマンの1話分をダウンロードすると、画質に寄りますが35~200MB消費します

子供は気に入ったものがあると「もう一回」が始まります。何回再生すれば飽きるのかわからず、通信量も心配になるでしょう。
また、契約上限を超えて回線速度が落ちると、映像を見られなくなった子供が怒りだす可能性もあります。

その点、自宅のWi-Fi環境などで事前にダウンロードしておけば、旅先で通信量を心配することなく、子供にアニメを見せることができますので安心です。

子供は同じアニメでも飽きずに何回も見られますので、数本ダウンロードしておけば、数時間の移動でも耐えることが可能です。

 

f:id:yamacorp:20171209144741p:plain

 

メリット②:価格が安い

他の動画配信サービスと比べて、dTVは月額料金が540円(税込)とかなり安いです。
一回分のランチ代くらいで、一カ月間このサービスを受けられると考えると破格の設定ではないでしょうか。

子供のためとは言え毎月のことですし、できるだけ価格は抑えたいのが本音です。
例えば、アンパンマン動画を視聴できるHuluは1,007円/月かかりますので、価格面でもdTVを選択することになるでしょう(我が家は海外ドラマを見るためにHuluも契約していますが)。


メリット③:コンテンツが豊富

我が家で子供が今一番ハマっているのは、アンパンマンです。

dTVでは、アンパンマンは60エピソードがアップされていますし(2017年12月9日現在)、毎月新しいエピソードも追加されますので、子供も飽きにくいようになっています。

加えて、我が家の子供は、最近はドラえもんも好きなようです。
また、ドラえもんも視聴できることも大きな決め手となりました。

この他にも、きかんしゃトーマス、おさるのジョージ、しまじろうヘソカ(2010年のらむりんがいた頃!)もあります。子供向けのコンテンツだけでも豊富で、飽きる心配はないでしょう。

 

メリット④:無料お試し期間が長い

dTVでは、無料のお試し期間が31日間設定されています。

例えば、我が家で使っているHuluのお試し期間は2週間に設定されています。 Huluと比べても、倍の期間試すことができます。


子供が気に入るか不安という方もいるでしょうし、長い期間試すことができるのは大きなメリットです。

旅行前に加入しても31日間も無料お試し期間があれば、旅行が終わっても楽しむことができるでしょう。


DOCOMOユーザーでなくても使える

dTVという名前から、DOCOMOユーザーしかdTVを使えないと思っているかもしれません。
しかし、そんな心配は無用で、DOCOMOユーザーでなくても使用することはできます。


映像は思った以上にきれい

データを事前にダウンロードしておく場合、「きれい」「すごくきれい」「HD」の3段階から選択することができます。
スマホで視聴する場合は、一番データ量の低い「きれい」(アンパンマン1話あたり35MB前後)を選んでいますが、映像が汚いとかは思いませんでした。


画面の大きい自宅のテレビで視聴する場合は、データ量の大きい「HD)(アンパンマン1話あたり150-200MB)がオススメですが、移動中にスマホで見る分には「きれい」で十分です。

 

おわりに

今回は、年末年始の子供との長距離移動に役立つdTVを紹介してみました。
これから、子供を連れて長距離移動するとき、子供が飽きずに大人しくしてくれるか不安な方も多いでしょう。
その時に備えて、まずは一度お試ししてみてはどうでしょうか。

 

>>dTVを無料で31日間お試ししてみる

 

なお、作品の配信情報は2017年12月9日時点のものです。
配信が終了している、または見放題が終了している可能性がありますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリを確認してくださいね。