ヤマコーポ

英語・資格取得を頑張る夫を見守り、子育て

手元に置いておきたい!モチベーションが上がる漫画10選

新しいことを始めたり、仕事にやる気がでないとき、どうにかしてモチベーションを上げたくなりますよね。

夫は、漫画が好きで、一人暮らし先には何百冊の漫画を持っていました。

そして、モチベーションを「補充」するためによく漫画を読んでいたそうです。

 

結婚を機に荷物を減らしたため、今の家にはほんの少ししか置いていませんが、将来大きな家に引っ越したら実家に預けた漫画をすべて持ってくるつもりのようです。

 

今回は、そんな夫が選ぶ「モチベーションが上がる漫画10選」を紹介したいと思います。 それでは、いってみましょう!!

 

ヒカルの碁

夫が最も繰り返し読んだ(推定50回以上!)という、囲碁について書かれた漫画です(全23巻完結済み)。

 

えー、囲碁!?

 

と思われるかもしれませんが、はっきり言って囲碁を知らなくても問題なく読める漫画です。

夫も囲碁のルールなんてほとんどしらないようです(50回も読んでるなら少しくらい学んでほしいですが)。

 

小学生のヒカルが、昔の囲碁の天才であった藤原佐為(のオバケ)に出会いから碁の世界に引き込まれ、あらゆるライバルたちとの出会いを通して成長していく物語です。

その姿を見るたび、自分も頑張らないと、と思うようです。

 

 

GIANT KILLING(ジャイアント キリング)

こちらは、サッカー好きの夫としては外せない漫画です。

2016年5月現在、39巻まで出ていて、未完結の漫画です。

夫はレンタル漫画とラーメン屋さんだけで、これまで何回も繰り返し読んでいるようです。

 

かつての名プレイヤー達海(たつみ)はイングランドから帰国し、東京のETUという弱小チームの監督として、ジャイアントキリング(弱いチームが強豪チームを倒すこと)でリーグに旋風を巻き起こすストーリーです。

 

現在(現実の話)、イングランドプレミアリーグのレスター・シティ(岡崎選手所属)は、これまでリーグ優勝経験のなかったのですが、まさにそのジャイアントキリングを成し遂げたこともあり、この言葉も定着するかもしれません!?

 

 

SLAM DUNK(スラムダンク)

これはもはや説明不要でしょうね。

夫が好きなのは、やはり最後の「山王戦」のようです。 全体の読み返しは10回程度のようですが、山王戦に限ると、数えきれないほど読み返しているようです。

モチベーションを上げたいときにはもってこいの本です。

 

 

はじめの一歩

こちらは現在113巻まで出ている未完結の漫画で、ボクシングと出会ったいじめられっ子の少年が、本当の強さを知るためにひたむきにボクシングに取り組む姿を描いた漫画です。

 

ギャグあり、下ネタあり、弱かった少年が少しずつ強くなっていく成長もありと、男性が好きそうな漫画です。

夫は確か100巻以上は持っていたのですが、さすがに新婚生活の新居に持ってくるのは断念したようです。将来、息子に読ませたい漫画と話していました。

 

 

バクマン

デスノートでタッグを組んだ大場つぐみ(原作)と小畑健(作画)が組んで描いた、漫画を描くことに青春を捧げた2人の少年を描いた物語です。

全20巻で完結しており、手元に置いておくには手ごろなボリュームです。

 

どんな風に漫画が作られているのか、漫画家がどれだけ身を削っているのかがわかる作品です。男女問わずお勧めできる漫画です。

 

 

宇宙兄弟

宇宙が大好きで宇宙飛行士になるために頑張る、兄ムッタと弟ヒビトの兄弟の話。

 

小さい頃に見た自分の夢はなんだったかなーと思い出させてくれ、「今の自分、このままでいいのか!?」「兄弟っていいなー」って思わせてくれる内容で、とてもオススメです。

 

こちらは未完結で2016年5月現在28巻まで出されています。

 

はちみつとクローバー

少し方向性を変えて、少女マンガからひとつ(でも男性にもおすすめ)。

 

主に恋愛が中心の話にはなりますが、男性にも共感しやすいキャラになっていると思います。

 

一番のお勧めは、自分に才能がないと思い、就職活動で疲れ果て、自転車で自分探しの旅に出た竹本君のお話(7巻あたり)。

 

青春だなーって感じて、自分も負けてられん!と思えるはずです。  

 

全10巻で完結していて、週末に時間が取れれば読み切れるボリューム感も良い感じです。

 

め組の大吾 

新人消防士の大吾は型破りな方法で人をどんどん助けていくお話。

 

消防士が、どんな姿勢で仕事に臨んでいるかを知ることができ、かっこいいなと思えるストーリーです。

 

はじめはダメ消防士扱いされていた大吾が、少しずつ認められ、その才能を開花させていく姿も見ていてワクワクします。

 

単行本では全20巻、ワイド版で全10巻で完結済みです。

 

鋼の錬金術師

母親を生き返らせたい一心で、人体生成という禁忌を犯した幼い兄弟が、自分たちの体を取り戻すために賢者の石を探す旅に出るお話です。

 

錬金術というテーマをこんなストーリーにまとめ上げてしまう著者はすごいと思います。

 

コミック版では全27巻で完結済み。何回読んでも面白い漫画です。 

 

 

よつばと!

最後は、少し変わった(?)漫画のよつばと!を紹介します。

何が面白いかというのは伝えるのが難しいですが、一風変わった子供のよつばと、その父親の日常を描いた漫画です。

 

これまで紹介してきたような、熱血漫画ではないのですが、ほのぼのとしたストーリー、笑えてしまうキャラクターがいいかんじです。

 

よし、明日から頑張るかーと思える、そんな作品です。

 

~おわりに~

今回は、やる気が出る、モチベーションが上がる漫画10選を紹介してみました。

私の伝える力がないがために、魅力が十分に伝えられず残念ですが、いずれも面白い漫画ばかりです。

 

5月の連休明けで少しモチベーションが下がり気味の方、漫画でやる気をチャージしてはいかがでしょうか!